ケールを原料にした青汁はどんな効果が期待できるのか

ケールを原料にした青汁はどんな効果が期待できるのか

青汁にも様々な種類がありますが、その中でもケールを原料にした青汁には様々な効果が期待できるとされていることをご存知でしょうか。

 

本来、青汁だけでも健康や美容に効果的だとされていますが、ケールが入ることによってより様々な効果が期待できるのです。そもそもどんなものかというと、アブラナ科の植物でヨーロッパなどでは普通に食卓に並ぶ緑黄色野菜の一つだとされています。

 

私たちが普段食べているキャベツやダイコン、ブロッコリーなどはケールを品種改良して作られたものであり、非常に栄養価が高いことから野菜の王様とも呼ばれています。では、どんな栄養が含まれているのかというと、ビタミンAやビタミンCを始めとするビタミン群やルテイン、カルシウムやメラトニン、葉酸や食物繊維などが含まれており、カルシウムにおいては牛乳の2倍、βカロテンでは人参の2倍も多く含まれているのです。

 

これらの栄養素が結果的に様々な効果をもたらしてくれるとされています。そして、善玉コレステロールを増やしたり血糖値を安定させる作用や、血流を改善する効果があることから、糖尿病や肥満症、動脈硬化といった生活習慣病の予防にも効果的だとされているのです。
また、パソコンやスマートフォンの普及により睡眠不足になっている人は増えているとされていますが、人によっては日頃のストレスなどによって睡眠障害に陥っている人も少なくないとされています。

 

このストレスによる睡眠障害に有効であり良質な眠りをもたらしてくれるのが神経ホルモンであるメラトニンですが、このメラトニンは年齢を重ねることで徐々に減少するために夜になっても眠れなくなったり寝たはずなのにすっきりと目覚められないなどの悪循環に陥ることも考えられます。

 

しかし、ケールが含まれている青汁の飲むことで睡眠障害が改善されて毎日良い睡眠を手に入れることができるために、心身ともに健康的な毎日を送ることができると言えるのです。なぜなら、数多くある食べ物の中でダントツにメラトニンの含有量が高いのがケールであり、不眠症の改善に役立つということで研究が進められているからです。

 

毎朝すっきり起きられない、寝つきが悪いなどの症状を抱えている人にもおすすめの飲み物と言えるでしょう。その他には、目の健康に良いとされるルテインが含まれているので眼精疲労が溜まっている人や目を使いすぎている人にもう効果的だと言えるでしょう。

 

食物繊維を豊富に含んでいることから、便秘解消にも役立つとされています。独特な苦みがあるために、人によっては飲みにくいと感じる人もいるようですがこの苦みこそケールの良さであるとされています。

 

中には苦みを取り除いて飲みやすく作られている青汁もありますが、そういった飲みやすい青汁は栄養素が少なくなっている可能性もありますので、牛乳や豆乳を加えて飲んだりリンゴジュースに加えて飲むなど工夫しながら飲んでいくことをおすすめします。